彗星なびかせどこまでも

願いを込めたあの日の記録

美 少年 ARENA TOUR 2024『Gates+』感想

アリーナツアー完走お疲れ様でした!!!!!!
5都市に増えて公演数も倍近く増えて、美 少年の頑張る姿が沢山みれて本当に楽しいツアーでした

 

《OP》

アー写だけでなくしっかりと映像が作られていることに感動;;;;しかもめちゃくちゃかっこいい。スーツで身支度する様子が1人ずつ映るんだけど、ピアス付ける那須くんしんどすぎて毎回つらかった笑


1.オリジナル曲 Remix
〜Cosmic Melody Beautiful Love 吉吉Bang! Bang! LALA love YOU & 美〜

開幕のファンファーレのようなコズメロからファンタジーなBeautiful Love、ゲームの世界のような吉バン…
次々とパレードのように流れるオリ曲たちと、トロッコに乗る美 少年が今ツアーのモチーフ、テーマパークを彷彿とさせられた。
LaLa loveのラップパートの間のサブリミナル「吉BangBang!吉吉BangBang!!」がトンチキさ増し増しで大好きでした
なぜか提灯を持って踊る美 少年好きです(美 小道具ないと気が済まない 少年)

 

2.Think u x.(那須
長年温めていたという曲。メンステからセンターへ、バクステへ黒いファー付きの王道衣装で闊歩する姿が凛々しくて、美しくて、かっこよかった…もう本当に那須くんがそこで踊ってるだけで辺り全てが煌めいて色づいていたよ…(瀕死)
間奏のダンスもかっこよかった…重めだけど軽さもあり、力強くもあり儚く消えてしまいそうで、、、涙
目線がどまんなかセクシーで泣いた。言葉を尽くしてもこの美しさを言い表せないのがつらい。
でもまさか脱ぐとは思わなかったよ…(今回は大学卒業、学生という肩書きがなくなった記念で許すね。でももうやらないでね。)

 

3.ichiban(金指)
突如ステージにボクシングのリングが登場し、練習し始める一世選手。初日こそ「突然何をやってるんだろう…?」感が強かったけど、回を重ねるごとにオタクも適応して福岡では名前呼んだり「頑張れー!」て言ってるオタクがいたりしておもしろかった
名前呼ぶの普段ならアウトだけどあの瞬間は普通によかった。それに応えるように一世もキックを連発したり気合い入っててよかったね😊
でもその後水飲んだり靴履いたりするとこはみんな「いちぇかわいいね☺️」みたいに見守ってたのが、強くなっても相変わらずみんなの最年少な一世でよかった。
からのichiban、この曲はオタクのペンラの打点高くて盛り上がってたな
オリジナルのリリックも一世らしくて、曲の雰囲気とも合ってた

 

4.わたし
SixTONES曲なにか1つはあるだろうなと思ってたけどまさか「わたし」が来ると思わなかったな
4つのリフターとメンステ、バクステで全員散らばってたから目が足りなくて大変だった、多分別々の振りをしていた…?ように見えたので円盤化するときはマルチアングルをください(贅沢言わないよ)
歌声もみんな綺麗で特に大昇の歌い出しとか、那須くんの『わかってはいるよ…』のとことかめっちゃ好きでした。那須くんが歌うとこはモニターをガン見してたけど辛そうな表情が見てる私が苦しくなりそうなくらい良い表情してた。

 

5.ねえ もっと
「わたし」からの流れがめちゃくちゃ好き。散らばってたみんながセンステに集まって、スモークの中で始まる「ねぇもっと」は踊るというより舞うと表現したほうがしっくりくるものだった。
振り付けもオリジナルよりもコンテンポラリーver.のように動きに変化があって見ていておもしろかった
背伸びして披露した当時よりもグッとこの曲の世界観に引き込まれた。
バラードver.とかビニール傘ver.とか和アレンジver.とかいろんな「ねぇもっと」を見てきたけどこの曲をこんなにもたくさんアレンジして披露していくことがすごいわ…

 

6.オレンジkiss
これは本当に歌って欲しかったから歌ってくれて本当に嬉しかった!どのくらい歌って欲しかったかというと、自分で歌割りをかんがえるくらい歌って欲しかった。
考えてた歌割りは全然違ったけど(←)先程までとは打って変わってみんながすごくシャカリキに踊っていたのがすごく印象的だった。途中からトロッコに乗るまでは本家の振りをやっていて、サビとかみんなすごく大きく動いててかわいかった。
この曲はマジで浮所飛貴似合いすぎるね。オレンジkiss歌う浮所くんが見れてオタクは感無量でした…ありがとう

 

7.CARNIVAL NIGHT part2
2年連続のカニナイ、メンステの那須くん、バクステの龍我以外はリフターにいてマジでアラフェスを想起した。
美たちは「C·A·R·N·I·V·A·L NIGHT!」のとこ踊ってて新鮮でかわいいね。入った席から見やすかったのは主に藤井ちゃん、浮所くん、大昇だったんだけど、藤井ちゃんはパークのキャストさんみたいでかわいいし、浮所くんは「楽しい!!!」が全面的に伝わってきてかわいいし、大昇はなんか信じられないくらいかっこよかった。ディズニープリンスかな

 

8.Amazing Romance
アリツア常連になったアメロマ。3回目ともなるとセリフのアレンジと間奏のなすりゅの掛け合いが毎回バラエティに富んでて、アドリブもどんどん上手になってるな〜て思う。
最後のセリフ部分が那須くんで、そこで毎回うきなすが発生するのほんとよくないね(好きです)
那須くんがいるとこにちょこちょこ近づいてなんかやらかす浮所ぴ…勘弁してくれや…
(今回は外周花道がなくて移動もトロッコ多めだったからこういうわちゃわちゃしたやりとりはなんか貴重な気がした!)

 

9.魔法の夜(新曲)
王道のカッコイイの来た!!オタクみんな好きなやつだから早くYouTubeアップされてほしい。王道なんだけど、でも曲調はジャズぽくて大人ぽいカッコ良さもプラスされていて、美 少年の成長を感じる。歌詞の一人称が''俺''で新鮮だった、おとなになったね〜〜〜〜〜;;;;
フォーメーションもくるくる変わって見ていて面白かったのでダンプラも見たい。最後、嵐の『迷宮ラブソング』みたいに膝まづいて手を差し伸べる振り付けとか、大昇の「l will show you Gates+〜」でみんなで門を作るとことかかわいくて好きだし、歌詞の『Gates+』とか『Shoo Bi Doo Bi Doo美』とかお馴染みになってきた隠れ''美''が凄く好き。ツアー新曲にツアータイトルあると曲でツアーを思い出せるから良いですよね
浮所くんの「君に似合うイルミネーション いつか見せたい星空」のパートでセンステ上のミラーボールがイルミネーションや星空みたいに光る演出があって、これが美 少年がファンとみたい景色なのかなって思ったら涙でてきた
早くYouTubeください。

追記:YouTube来ました

美 少年「魔法の夜」(Arena Tour 2024 Gates+) - YouTube

 

MC

 

10.秘密(藤井)
みんな大好き二宮和也の秘密ですよ…!!!
MC後半から大きな絵本持ってうさぎさんを探す藤井ちゃんが登場してスタート
私は嵐の現場で秘密を生で見たことなかったから初日は本当にびっくりした。オタクが見たい曲を積極的にやってくれる藤井ちゃんありがとう…曲の柔らかさと藤井ちゃんの柔らかさがとってもピッタリあってた
初日こそ嵐担だけが踊れてた秘密も徐々に踊れる人が増えた気がする(秘密は体が勝手に動くよね)
どうぶつさん(ライオン、パンダさん、ペンギン、うさぎ)もいて、めっちゃアラフェスだったんだけど、曲が終わって不穏な曲(少年たち最後の場面のピアノの音)でどうぶつさんがメンバーであることが発覚し、がっかりして終わる…ていうオリジナルの部分もありかわいかった…

 

11.To You(龍我)
まさかのピアノ弾き語り。歌詞を自分で考えたというから更に驚き。
その前にメンステからセンステのピアノまで歩いて行くんだけどその姿がもうお美しかった…
歌詞の内容は『ありのままに美しく生きてね』って感じ。龍我ちゃんらしいストレートな歌詞でした。ピアノ弾きながら『美しく生きて』と歌う龍我ちゃんが美しすぎてこんな美しいものを見てよいのか…と頭抱えた。この世の美しいを集めた結晶みたいだった。(語彙力の限界)
初めの方は緊張が伝わってオタクたちも固唾を呑んで見守っていたけど、ツアー終盤にかけて緊張がほぐれたのか、魅せ方までさらに美しくなっていた。
是非ピアノを続けて欲しいし、楽器の美 少年また見たいです
(龍我と藤井ちゃんでピアノの座を取り合うことになるけど…)

 

12.奇跡が起きるとき
引き続き龍我ちゃんのピアノ。センステのグランドピアノを囲う美 少年があまりにも美しくて尊すぎて、尊いボタンがあったら連打してた。
龍我ちゃんもみんなの顔みてほっとしたような顔してて嬉しかった。間奏で龍我に声掛け合うみんなもよかったよ;;;;
最後ピアノを弾ききった龍我ちゃんが立ち上がってお辞儀してたのめちゃくちゃかわいかった

 

13.Sing it
Sing itもイントロはピアノ始まりだからこれ弾いてもいいんじゃない?て思ったけどそれは今後に期待しておく笑
サビ前までは上手にお兄ちゃんチーム(藤井那須浮所)下手に弟チーム(大昇龍我金指)で別れてたんだけど、モニターもそれぞれ映してて、歌・ダンスで分かれていて、嵐のLove Situationを彷彿とさせる感じが凄く好きだった笑
映像もネオンぽい感じで余計にラブシチュみがあった

 

14.サクラ咲ケ(愛知)
14.SHAKE~サクラ咲ケ~おいで、Sunshine!(横浜)
14.サマーステーション~おいで、Sunshine!~みなみなサマー(仙台・福岡・大阪)

スタトロ外周曲。3月はサクラ咲ケで、4月はサマステ曲連発なの晴れ男集団美 少年らしくて好き。美 少年からしたら4月はもう夏みたいです
福岡はスタトロ2〜3列目で全員の顔をまじまじと見ていたんだけど、みんなキラキラ輝いていて眩しかったよ!!!!!!
那須くんはちょうど目の前辺りでアリーナ側向いたけどな!!

 

15.We're ganna be a star(大昇)
大昇ソロも自作、もう本当にすごい。歌声が素敵なのは充分そうなんだけど、大昇の気持ちが歌詞にたくさんこもっていて感動した。普段大切なことは多くは語らない大昇だけど、根っこの部分では誰よりも熱く美 少年の舵をとってくれてるんだろうなと感じた。
一緒に歌うところは大昇は、美 少年は絶対スターになれるよ!!!!!!て気持ちを込めて歌ってた。

 

16.Mad Love(浮所)
ほんとに浮所飛貴ってやばい。浮所飛貴が表現力最強アイドルになったらできない曲ないと思う。「普段と真逆を表現したくて、挑戦の1曲」と雑誌で話してたけどその通りすぎて毎回唸ってた。本家SixTONESのMad Loveを見たんですけど、単純にこれ映像入れて1人で歌ってたの凄い。
浮所飛貴、美 少年にいてくれてありがとう

 

17.Boom SHAKALAKA~ダンストラック
18.Flicky
この2曲並べられてやばくない訳がないですね!!!!!!
オリジナル曲だけでこのダンスブロックを完成させられたということがまず嬉しい。個人的にはブンシャカが動、Flickyが静のダンスナンバーだと思っていてそれを繋ぐダンストラックが妖しさ、見る側に緊張感が走る感じがゾクッとして新鮮でおもしろかった。
Flickyは「少年たち」で見た時の岩本照さん演出が照明とか凄かったから、アリツアで美 少年が演出するとなったときどうなるか凄く楽しみにしてたんだけど、ブンシャカの盛り上がるタイミングでシャンデリアがガシャーン!!て傾いて無音になってからFlicky始まるのがオペラ座の怪人みたいで、その意外性に驚いた。ダンスナンバーをダンスだけでなくストーリーのある舞台を見てるように魅せられるのがすごかった。

YouTubeはダンストラックから(シャンデリアが落ちた後)

美 少年「Flicky」(Arena Tour 2024 Gates+) - YouTube

 

19.ワイルドアットハート
2曲+α踊ってからセンステまでダッシュして生歌かましてくるの体力おばけすぎてこわい(褒めてる)
ラストスパートへ盛り上がっていく感じが最高の選曲すぎた。美 少年には嵐の聴くと無条件に元気出る多幸感溢れる曲が似合う。

 

20.BIG WAVE!!!!!!
21.ザ・ハイスクールヒーローズ
ワイハ後半からアリトロファンサ。「BIG WAVE!!!!!!」野外で聴きたすぎる〜〜〜〜
サインボール撃ってたんだけど、キャノン(?)担いでる龍我ちゃん(タンクトップ)めっちゃかっこよかったことをここに記しておく。漫画のキャラみたいだった…
愛知だけハイヒロがフルで歌っててやっと歌詞全部分かった!と思ったら当然記憶なくなって、それ以降いつもの尺に戻ってしまって聴けなくなったのはの残念…。「アカ!アオ!キ!モモ!ミド!ギン!」のとこみんなで固まってて可愛かったな〜〜〜

 

21.虹の中で
挨拶してお馴染みのピンク衣装。「虹の中で」のイントロってなんであんなワクワクするんでしょうか?
あの時の美 少年は煌めきがほとばしっていて、本当に眩しくてちょっと泣いた。美 少年の核の部分を魅せつけられた気がして感動した。最後の「君のせい」でビジョン6分割いっぱいに美 少年写ってないた。大昇のこだわり凄い…
福岡の時、最後エンディング妖精の浮所飛貴が口パクで「ありがとう」て言ってて一人で日プだ!になった。

 

EC1.Super Boys
スパボっていつどこで歌ってもおもろいから大好き。存在がOISHIINA! て感じ
去年も外周曲だった気がする…でもセンスの振り付けとか少年たちver.の揃ったダンスも好きなのでまたどこかで踊って欲しい…

 

EC2.Compass
みんなで白にしたペンラ持って一体感があって、美 少年たち多分こういうファンもみんなで一緒になんかやるの好きなんだろうなって思った。かわいい
バクステ側から一面の白を見た時に、美 少年も今この光景を見ているんだなと思うと心がじんわりした。


ところで最後に『6つの扉を開けた先』はなんだったのか…。
今回のツアーのテーマは『テーマパーク』だったようだけど、ディズニーのエリア分けのようなものだったのでしょうか?セトリを見返しても明確に区切られてる感じはしなかったけどそういう風に捉えるなら

①Remix
②わたし〜ねぇもっと
③オレンジkiss〜魔法の夜
④奇跡が起きるとき〜外周
⑤Boom SHAKALAKA〜Flicky
ワイルドアットハート〜虹の中で

この隙間にソロ曲が入ってきてる感じ。外周も多かったしアトラクションを楽しんで、パレードを見て、ショーも見て…ていうテーマパークの満喫の仕方ぽい感じがした。


私はトロッコで近くに来た時にピンスポが当たって眩しくなる瞬間が凄く好きで、こんなに眩しい光を浴びても諸共せず煌めいてる那須くんが、美 少年が好きだなって改めて感じた。そんなツアーでした。
5都市17公演お疲れ様でした!!
地球にいる限りまた美 少年のライブに行けると信じてます。

楽しい思い出をありがとう!

 


愛しの君へ 無限のYell for you…

Hey! Say! JUMPに出戻った話

Hey! Say! JUMPに出戻りました。

 

と言っても担降りしたつもりはなかったので出戻りという表現も不自然だな〜と思うのと、面白いくらいトントン拍子に出戻りしてるので気持ちの整理でまとめようと思います。

世の中には沼落ちブログとか担降りブログとかあるので出戻りブログもあって良いよね?的な感じです。

 

私がHey! Say! JUMPにはまったきっかけは「Chau#」を歌番組(多分FNSだった気がする)で初めて見た時。

よくあるこのグループだったら誰が好き的な感覚で前々からJUMPだったら伊野尾くんがお顔が好きだな〜と思っていたけどテレビで映ることも少なく謎な存在だったのが「Chau#」のサビにソロパートが来て、私の中でついに来た!!!てなったんだと思う。(俗に言う伊野尾革命)

 

そこからPARADEくらいまではライブ行ってたんだけど、コロナもあったのと美 少年のお仕事がどんどん増えていったのと、2020年にFC更新し忘れたのをきっかけにJUMPから離れてしまいました。

 

なんですが、ここ数ヶ月圧倒的にJUMPを見る機会が増えました。

突如TLに流れてきたライブレポ「ミルモ帽」

まだこんな平成ネタで盛り上がってるとこがJUMPすぎてレポ読み漁っちゃったからなのかおすすめに沢山流れてきてしまった…

とりあえず見てみたYouTubeに「Come back…?」「School Girl」がアップされてるではないか…!!!

昔のMVもたくさんある!「Chau#」も「キミアトラクション」もある!そんなん見ちゃうじゃん!!

え、伊野尾くんインスタやってんの!?フォローする!

ライブDVD買おうかと思って念の為押し入れを見たら見事に未開封PARADEのBlueRay(しかも初回盤)が出てきて一人で爆笑した。昔の自分グッジョブすぎた。たすかる〜!!

 

YouTubeて凄い!伊野尾くんインスタ上手い!

最近は「Fantastic Time」「Funky Time」とか1番熱量入れてた頃のMVがアップされてめちゃくちゃ見てます。

そしたら「ぷぅのうた」やら「ペットショップラブモーション」まで解禁されてしまう始末…

すっかり捕まれてしまったよ

 

あれよあれよとアルバム「PULL UP!」と「FILMUSIC」の円盤は買いました。

伊野尾くんが主演ミュージカルをやると知った頃はまだ一般申し込みやってたのでダメ元で申し込んだら当たったので行きます。

 

ファンクラブは伊野尾くんの誕生日までまだこの状態だったら入ろうと思います。

ライブ行きたいな〜

 

おわり。

8年目の美 少年へ

例年結成日の11月23日に投稿していましたが、今年は色々ありすぎて遅くなってしまいました。

改めて美 少年、結成7周年おめでとう。

 

この1年は正直応援してて一番しんどかった。でもこのゴタゴタの中でも良いところは変わらずにステージに立ち続けてくれてありがとう。

この1年も沢山思い出が出来ました

 

美 少年のパフォーマンスを見て、今年もたくさん心を動かされたしこれからもそういうグループであってほしいなと思います。

 

 

「少年たち」を観劇した時にエンドロールで大きく「美 少年」て名前が映し出されたのを見て、私が美 少年を好きだということはこれまでも、これからも変わらないなと感じられました。

 

どうかこれからも美 少年を見届けさせてください

この先がどうなるか分からないけど、美 少年が美 少年でありつづけられる日々が続いて欲しいと願うばかりです。

 

今年もありがとう。来年もよろしくね。

 

 

「少年たち 闇を突き抜けて」岩本照担当さんと観た感想

だいぶ遅くなりましたが今年も事務所の過渡期の中、無事に幕が上がり無事に千秋楽を迎えられた「少年たち 闇を突き抜けて」お疲れ様でした。

 

一昨年、去年と''Hi美''で繋いできた「少年たち」今年は美 少年だけと新たな舞台となり、演出は岩本照さんに…

という訳で演出担当して頂いた岩本担の友人と少年たち行ってきたので友人の感想も踏まえて、ここに書き残して行こうと思います。

(友人には私がしょっちゅう美 少年の話してるので美 少年のことは割と詳しいです)

考察はいろんな方がしてるのでここでは主にパフォーマンスの感想メインで綴ります。

 

まず主なストーリーを書いておきます

 

いつも通りの日常を過ごす少年たち、母親と何気ない電話をしてる大昇、奥さんから妊娠の報告を受ける内くん…

そんな当たり前の日常が一変、サイレンが鳴り響き

「日本は戦争状態に突入しました」のアナウンス

街は瞬く間に破壊されていった。

大昇は目の前で家を家族を失ってしまう。

この戦争は2年間続いた。

戦争によって日本はノースとサウスに別れた。食糧は配給で賄われていたが富裕層から配給されるため満足に食糧を得られない者もいた。そのため少年たち(大昇除く美 少年5人)は配給車を襲い食糧を得ようとしたところ捕まってしまい、少年院に収監されることになった。

赤房に入れられた浮所と龍我は''ちょっと変わったヤツ''大昇と出会う。

浮所:那須とダンスをやっていた。出所したらまた那須とダンスやりたいと思っている。

龍我:赤房のリーダーになる宣言。パンが好きすぎてパン屋さんになるのが夢

大昇:戦争の影響で言動が幼く、家族を忘れてしまっている。喧嘩が嫌い。

対する青房の那須、藤井、金指は赤房が気に入らない。

那須:浮所とダンスをやっていた。再び夢を持つことを恐れている。

藤井:体の弱い弟がいる。夢は考古学者。丁寧語で話す

金指:元少年兵、手先が器用。少々ぶっきらぼう

 

喧嘩ばかりだった赤房と青房だったが、大昇の影響で仲を深めていく。

ある日藤井の元に母親から「弟の病状が悪化し、弟と同じ血液型の藤井の血が必要」ということが告げられる。藤井は看守長に少しでもいいから出させてほしいと懇願するが、看守長はそれを一蹴し「刑期などいくらでも延ばせる」と少年たちに告げる。

看守長は戦時中少年兵に妻と娘を殺された過去があり''罪を犯した少年たち''を憎み、世に出さないことが社会のためだと考えていた。

それを聞いた少年たちは脱獄を決意する。

脱獄当日、色々あって最後の門まで全員たどり着く。

すると大昇が「みんなは僕の家族だ、家族の夢を応援することが今の僕の夢だ。僕が看守長を引き付けている間にみんなは走って」

と言い、みんなが説得するも塀から降りようとしない。

大昇は看守長に撃たれ塀から落ちてしまう。

みんなが大昇の元に駆け寄り脱獄の計画は失敗に終わる。

しかし、看守長の悪事が明るみになり少年たちの刑期は短縮され後に出所することとなる。

 

数年後少年院があった更地にみんなが集まる。

浮所と那須はダンスの大会で賞を取るほどに、龍我はパン屋さん、藤井は考古学の研究者(弟も助かった)、金指はリサイクルショップの経営。みんな夢を叶えていた。

大昇はみんなの話をにこやかに聞いていた。

突如ピアノの張り詰めた音が鳴り、それと同時に5人が一斉に秘めたる怒りを叫んだ。

その後龍我が有名なセリフ

「いつの時代も人は戦いに明け暮れる__」

最後、大昇がポケットから取り出した警棒でひまわりを叩きつけ


f:id:kanatoon:20231109002236j:image

その軌道が''少''の赤字の払いと重なるように、タイトルがスクリーンに現れ幕が閉じました。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

以上が大体の内容です(めちゃくちゃ端折ってるけど)

 

ここから個人的に好きなパフォーマンスの感想

今回劇中で目立ってた3曲

浮所×那須「Rival」

少年たちには欠かせないナンバー。うきなすがrival歌うということは想像してたけど想像以上だった。

うきなすのハモリ大好きオタクなのでこれはもう本当に見れたんだ〜〜!!て感じ。もっともっとハモリを極めて欲しいし、下ハモと言えば那須くんだよねの域に行って欲しい。

 

大昇×藤井「約束の歌」

去年までの展開(瑞稀と龍我がそれぞれの弟を想い歌う流れ)と比べるとここで歌うんだ!?て感じはしたけど、立場は違うけど家族を想う2人の優しい歌声が曲に凄く合ってたなと感じます。ふじたいは宇宙

ふじたいのユニゾンまじ好き。少クラの「愛のかたまり」とかみんな見て欲しい

 

龍我×金指「LOVE」

この曲はここに向かう過程が素晴らしくて、

(以下シーンの抜粋)

金指は看守長に銃口を向けられ、少年兵だった頃に罪なき人を殺してしまったことがフラッシュバックし、取り乱しその場から逃げてしまう。

みんなで探し回る中龍我が見つけたのはフォークで自殺しようとする金指だった。

「金指!なにしてんだ!!」

「こうするしか消えないんだよ…人を殺してしまったこの感覚が…もう放っておいてくれ…僕はもう消えてしまいたい…」

「バカヤロウ!生き残ったなら必死に生きるしかねぇだろ!生きる意味が分からないなら俺が夢を叶えるところを黙って見とけ!!!

俺がパン屋になって毎日お前にパンを届ける。」

 

すれ違った人の波に明日出逢う君がいるかも
なんて思いながら歩くと街がいつもより輝いて
空に船浮かべ あの国へ行こう
きっと世界は空で繋がってる
奇跡の元で生まれた 僕らは兄弟なんだ
 
だから愛を愛を唄おう そして今 愛を愛を繋ごう
涙が降る夜 一人じゃない教えてくれたんだ
そう僕だって伝えるよ 君にも届くように
だから愛を愛を さぁ 唄に乗せ

この大きく感情が動くシーンから、LOVEが始まってサビを2人抱き合って歌う姿が凄く感動的だった。

金指くんと龍我の緊張感ある演技から、LOVEに乗せて緊張がほぐれていくのを感じた。ほかのメンバーが周りで見てたのもすごくよかった。 

ちょっと話が逸れますが、岩本さんの演出が美 少年で一番ハマってたのは金指くんだと思う。元々ストイックな性格だし、とてもいい方向に突き詰められたんじゃないかと思ってます(ひとりのオタクの考え)

かなりゅのお芝居からの歌への流れが良すぎて金指くんも龍我も外部舞台(ミュージカル)やって欲しくなった。特に金指くんの演技は舞台向きだと思うから絶対やってほしい

 

岩本さんはパンフレットでは「美 少年のことは事前に調べたりせず演出に臨んだ」と書いてあったけど、美担が好きなうきなす/ふじたい/かなりゅの分け方だったのが凄く印象的だった。

ほんとに調べてないのか…?だとしたら凄すぎる…

 

 

ShowTime 

「Sing it」

Show Timeの選曲も岩本さんでしょうか?少年たちのストーリーの後に観るSing itは平和だからショーができるということが体現されてる曲だと感じた。

世界は愛に溢れている

この出会い 高め合い 誰もが光束ねる

僕らが時を進めていく

奇跡が 起こるよ いつでもここに

美 少年もみんなキラキラ輝いていて眩しかった。美 少年には愛に溢れた世界を創り上げて欲しいな。

 

「Flicky」

満を持して誕生した美 少年17曲目のオリジナル曲。

この曲は今まで美 少年が敢えてやってこなかった曲だと感じる。これまでにもダンスナンバーはあったけどそれらとも全く違う。

そんな曲に岩本さんの振付というまたとないチャンスでこの曲ができたと思うと感動した。

 

那須くんが春のツアー後、雑誌のインタビューで

「正統派のイメージを軸に、いろいろやりたい」と話していたことが実を結んだことでこの曲にチャレンジできたんだと思う。

早くダンプラが見たい。色んな人に観て欲しい。

 

 

 

終演後友人から頂いた言葉は

「岩本の世界に全力で向き合って表現してくれた美 少年ありがとう」

でした。この言葉は本当に私も嬉しかったです。

 

友人は「Flicky」も凄く褒めてくれて、「圧倒的センターがいない、でも全員がセンターになれる美 少年の強みを活かした振付だった。」と言ってくれて、これは岩本担ならではの視点だなと感じました。ありがとう

早くYouTubeにアップされてSnowManのファンの皆様に見て欲しいです。(何度でも言う)

 

それと同時に美 少年の魅力は、その表現力と求められる演出に100%以上の力で応えられる歌やダンスだと感じました。

 

今年頂いたオリジナル楽曲「吉吉Bang!Bang!」「Big Wave!!!!!!」「奇跡が起きるとき」と今回頂いた「Flicky」は全てジャンルの異なる…というか同じグループの曲と思えないくらいバラバラなんだけどこれら全てが美 少年らしいと言えるものになってると思えます。

それはやっぱり美 少年みんなが基本の歌やダンスに磨きをかけ続けてきたことに多彩な曲をやりきる表現力が実になってきた結果だと思います。

 

この多彩な表現力は美 少年の紛れもない武器だよ!!

 

あと今回嬉しかったのは様々な先輩が見に来てくださったこと!これは紛れもなく岩本さんのお陰なので感謝です。

本当に素敵な演出、振付、美 少年にとって挑戦となる機会を本当にありがとうございました。

 

もう既にライブでの「Flicky」を楽しみにしているので次の単独コンサートは、岩本さん絶対見に来てください。よろしくお願いします。

 

事務所は落ち着いたら円盤よろしくお願いします

 

美 少年 ARENA TOUR 2023『We are 美 少年~Let's sing it~』感想

ご無沙汰のブログです。

慌ただしかった5月も終わり(ただの現場三昧)しばらくは落ち着いた日々がすごせそうです。(月1の現場は7月までありますが…)

 

もうツアー終了から1ヶ月以上経ってしまいましたが…感想を残させてください。

美 少年初の単独アリーナツアー、遂に声出しも復活し懐かしさも感じつつ楽しいライブでした!!

またパワーアップした美 少年を間近で体感できて本当に幸せでした。

以降セトリ順に感想を綴っていきます。

 

《OP》

開店前のレストランを慌ただしく駆け回る目線の映像からスタート。レストランのバックヤードには調理器具や野菜の並びにヴァイオリンが置いてあったりとファンタジーな雰囲気

入口の看板が''CLOSED''からツアーロゴに裏っ返ってライブスタート

「横浜アリーナ 単独公演!!」 | ISLAND TV

セットも音符や鍵盤、センステの上にチューバがあったり、花道が楽譜になっていたりと 音楽のフルコース を堪能できるようとっても可愛いセットでした

 

1.Sing it

Sing itのイントロから、鍵盤のセットに乗った美 少年が上から登場

ツアータイトルにもあるように、アリーナでは初めてコール&レスポンスができて楽しかった

那須くんはセットの柵に頬杖ついてかわいすぎでした。

美 少年「Sing it」Spring Paradise~YOU & 美~より - YouTube


2.Troublemaker

嵐通ってきた美担全員ぶち上がったトラメ。

しかも本家と同じ振り付け、バックのモニターも当時の嵐を彷彿とさせる映像でぶち上がり!

嵐が恒例にしてた最後の横並びのとこ(リーダーを入れないやつ)同じことはせず「輝きを秘めたハートビート」でかなりゅがハート作るのを那須くんがハートを🫶から、本家山コンビの逆さハートに返すという新たなネタを作ってて、それが美 少年らしくて好きでした


3.ネガティブファイター

You&美から引き続きのネガファイ、前回はトロッコでしたが今年は本家のかわいいダンスしながら花道を進んでくれるめちゃかわ演出で本家の振り付け大好きな私からしたら大歓喜でした。

那須くんはあまり表情に出さないタイプだなと思っていたけど、冒頭の「CRY CRY CRY 泣き虫人生」のくしゃっとした泣き顔があまりにもキュートでした;;;;(目元をくしくしする手もキュート;;;;)

曲中にいろんな表情してくれるのめちゃくちゃ好きです。

 

4.ブラザービート

まさかブラビやると思わなかったよね!!嬉しい!

スノスト曲は特に縁がないと思われがちなのか、イントロ流れるとオタクが湧いてる印象。

龍我:チョー眠い動けない正直何にもしたくない
面倒くさい…布団には愛 只今絶賛引引きこもり

藤井:いやでも朝なんだからちゃんと歯磨いてHury upしてくれ 頼むぜやれやれ世話焼けちゃうよねコンチクショウ  6時起床から構築しよう

大昇:おい無茶早いなでも社会じゃ別に言うほど早くないか 社会やばいな..もう

浮所:買ったプリン楽しみにしていたのに消えてガチ病み お前だろ?お前だろ?今日の俺は本当に怖い

那須いやちょっと待って僕ちゃうよ証拠は?
ってちょっと待ってこの間ショートケーキ僕のやつ君食べてたろ

金指:まあまあまあ細かい事は気にしないでって

歌割りが良すぎる。

多分金指くんが浮所くんのプリンも那須くんのケーキも食べましたよね?

っていう美 少年の日常が思い浮かぶような感じがしてすごく好きです。

間奏でいきなりタップダンスしはじめたり、モップで掃除始めたりとはちゃめちゃで好きでした。


~挨拶

You&美やサマステを経て、挨拶も恒例になってる感じがして成長を感じます;;;;

今回は直前がブラビだったのもあって、みんな「美 少年の○男!」て言ってたのが可愛かった

龍我は「玄関開けたら~?」「佐藤龍我~!!」

てサトウのごはんオマージュの挨拶なんだけど、その前に「皆さん!五男の挨拶分かりますよね!?」て言ってくれてたんだけど、私それずっと「ご飯」と勘違いしてました笑

那須くんの「俺たちが美 少年でしょ!!」はこれからもずっと続けて欲しいです。


5.ねぇ もっと

ねぇもっとがすっかり様になるようになったね;;;;

美 少年は上から布出す決まりなのかな?演出としては綺麗で嫌いじゃないんだけど、見えなくなっちゃうのがネックだよね…

美 少年【ダンス動画】ねぇ もっと(dance ver.) - YouTube

今思うとこれが3曲目のオリ曲なの凄いな…

てか4年経ってもパフォーマンス動画ないの悲しすぎる…(カウコンで歌った時のはあるけどそれとは話が違う)


6.台風ジェネレーション(藤井那須龍我)

とにかく演出がよかった。那須くんが冒頭のニノセリフ担当で優勝でした。

那須くんのセリフ、藤井くんのラップ、龍我の歌。それぞれがそれぞれを引き立てていて凄く好きでした。龍我がポッケから桜吹雪を出してそれが空に舞って、3人が桜が散る花道を駆け抜けていく背中を見て涙が出そうになった。

空に舞う桜吹雪を見つめる龍我が美しすぎて横顔が本当に素敵だった。

途中で雰囲気がガラッと変わる曲だから美 少年の原型として集められた3人の過去から今、未来を見ている気がした。

どんどん大きくなって距離が遠くなっても

「離れていても きっといつまでも君のこと思っているよ」てね…そう思ってくれてたら嬉しいな…(重)


7.NOT FOUND(浮所大昇金指→全員)

浮所大昇金指から始まり、2番から藤井那須龍我が合流してフルサイズ披露。

You&美のときにSixTONESのマスカラを披露していたときも感じたけど、大昇のこういうアンニュイというか何か一つ空気を纏った時の表情や歌い方が凄く良いですよね。キメキメにならなすぎないところが良きです。

美 少年はキメ切る子が多い印象なので、大昇の存在感はこういう曲の時に発揮されるなぁと感じます。

菊池風磨さんのラップはラップ、ふじかなで交互にやってたけど2人のラップのスタイルが違うから聴いてておもしろかった。本家の風磨さんに近い低音なのは藤井くんで、金指くんは言葉がパキパキしててヒップホップな雰囲気。でもそれが3人:3人の構図を引き立ててるようで興味深い演出だった。

落ちサビの歌割り

那須:誰でもないよ誰でもないんだ 自分で望んだ世界だ

浮所:一握りの可能性を逃さないように
龍我:叶えたいんだよ少年だった僕らが夢見た未来を
藤井金指:胸に宿る情熱を絶やさぬように

これが凄く好き;;;;

那須くんのソロパートがここで嬉しかった


8.Luv Bias

スタンドマイクでシックな雰囲気。これも選曲が意外性がありましたね

個人的にバラード曲はライブの勢いが止まってしまうように感じて、セトリのどこに配置するか難しいんじゃないかと勝手に感じているんだけど…

(単純にバラードよりもアップテンポな曲の方が好きなのはある)

曲が美 少年に合ってるからかあまり気にならなかった


9.虹の中で

ラブバイから虹の中でのイントロが綺麗に繋がっててそこが凄くよかった。

一番最初の「胸が鳴るのは君のせい」で浮所くんにピンスポットが当たってる瞬間が本当にキラッキラに輝いてて眩しかった。

あとは外周に散ってファンサタイムでした。


10.Amazing Romance

You&美に続きアメロマ、アメロマはいいね~(誰)

アメロマ歌ってる美 少年て本当にステージを楽しんでるのが凄く伝わってくるんだよ。歌も甘々なセリフも楽しんでて、そんな楽しんでる美 少年を見るのが私は好きです(誰)

 

11.Big Wave!!!!!!(新曲)

新曲!今までにない初見でも乗れるやつきた!!

アップテンポで乗れるのも楽しいし「寝ても覚めてもいい夢見せるよ」て歌詞が好きすぎる。ライブの定番曲に育っていくのが楽しみです。

ダンプラで「どのダンス曲よりもキツイ」て言ってるくらいジャンプが大変な曲(1回やってみたけど、万年体力なしオタクは美 少年の半分もジャンプできなかった)なのにこれを歌いながらやってると思うと驚きです…

美 少年【ダンス動画】Big Wave!!!!!!(Dance Practice) - YouTube


~MC

MCほんとに上手くなってる!毎回オモロいもん!

グーパーで3人ずつに別れてMCするときもどの組み合わせになっても面白いし、今回はドラマ期間と被ってて話題が豊富だったのもよかったかも

横浜公演での食べ物をセクシーに言う対決は美 少年らしくてほんとに面白かった


12.スペースジャーニー

ここから世界旅行メドレー

懐かしすぎて泣いた…あの頃よりダンスも揃っててキレキレで成長に感激しちゃった…

13.New York, New York(大昇)

アメリカのブロードウェイの雰囲気で、大昇の佇まいからアリーナから劇場に変わった感じがした。

14.LOST MY WAY(那須/藤井浮所)

横浜からの追加演目がまさかのロスマイ…

(急遽那須くんのソロを追加することになり、直近の少クラでやっていたロスマイを、ルーマニアてことにして世界旅行メドレーに組み込むセンスが好きです)

まさかロスマイをこの目で見られると思わなくて毎回気が気じゃなかったです。(だから大昇の感想短くてごめんなさいね)

バックのうきふじも前後が空いてる2人て那須くんは言ってたけど、偶然が偶然を呼びすぎなのよ…

後日地方の新聞一面を飾ったところまで大好きです

那須雄登(上)ね…

15.勝利の日まで(那須浮所金指)

そんなロスマイなどなかったかのようにサンバの笛が鳴り響きブラジルへ

頭に羽の飾りを付けた3人…その内の2人さっきロスマイにいましたよね?元気にアクロバットしてますけど?

金指くんは自作のオリジナルラップを盛り込んでいて本当に分からなかったです。だかしかし、こういうのが好きだ。

16.アンダルシアに憧れて(龍我)

アンダルシアに憧れては名曲だけど、スペインてことに重きをおいて歌われたアンダルシアは史上初だったのでは?と思う。龍我の持ち前の華でやり遂げてて凄かった。

龍我はソロパフォーマンスの求心力が高いからこういうショー要素の強い曲は似合うんだけど、サマステの「まいったネ今夜」からのアンダルシアなのでそろそろ違うタイプの曲も見てみたいところではある。

17.愛の唄~チョンマル サランヘヨ〜(藤井/大昇龍我)

猫耳肉球手袋しっぽつけた藤井ちゃんが「サランヘヨ~」てひたすら言ってくれる時間。

フワフワの扇子を持ったたいりゅもまるっと可愛いんだけど、韓国要素どこ行った?(K-POPぽい?のかな…)

18.バィバィDuバィ~See you again~

待ってましたDuバイ!美 少年がDuバイ歌ってるだけで面白いからずるい。

ここからスタトロなので特筆する演出はない…

19.チャンカパーナ

ド定番すぎてファンサ曲になったのかな…大阪では「美しい恋にするよ」のセリフを全部那須くんがやってておもしろかったのと、最後の浮所くんのロングトーンはコンディションに左右されることはあれど、綺麗にキマってて歌の成長を感じました。

ところで何故チュムチュム(インド)にしなかったんだろうか…

20.関風ファイティング(横浜のみ)

はい好き~(美 少年が関ジャニ∞曲やるの大好き倶楽部会員)

横浜でしか見られなかったけど、スタトロの交差するところで中国のお辞儀(袖口に手を入れるヤツ)やってる美 少年があまりにも可愛かった…

金指くんはこれを偉く気に入ったのか、アンコールで「終わっチャイナ♪終わっちゃうよ♪」と口ずさんでて可愛かったのと、龍我がドラゴンの振りをちゃんとやってた。さすがドラゴンです。

21.CARNIVAL NIGHT part2

マジでヤバい。令和にCARNIVAL NIGHT part2やるジャニーズいたわ。

ガチの嵐オタクいるからイントロの

「これは…」「CARNIVAL NIGHTだ~~!!」

までやってた。ガチ過ぎる。私もガチでコールできて超絶楽しかった。

歌割りも夏疾風の時みたいに尊先意識な歌割りで好きです。

藤井:別れを悔やみながらもどこかで信じられない 人ごみの中不意に君が
全員:となりで笑っていそう
那須:路地では熱いカップ
龍我:こっちも通り抜けれない
金指:君との最後のキスが
大昇:リアルに切なくよぎる
浮所:稲妻を見たよな
全員:NIGHT TONIGHT

藤井ちゃんがソロパートでトロッコに肘ついたり、両手でマイク持ったりしててプリティーすぎたよ。

てか、Duバイからここまで個人的に懐メロすぎた

22.吉吉Bang!Bang!

CARNIVAL NIGHT終わりに藤井ちゃんが

「そろそろ日本に帰りたいな~。日本といえばおみくじだよね。おみくじといえば浅草だよね?」

て感じの小芝居からの、みんなが集合して上からデカイ『吉吉』のおみくじが降りてきて曲が始まるんだけど、この子達いつでも寸劇できるわ。

吉吉Bang!Bang!は本当に夢が詰まってる曲だからもっとたくさんの人に聞いて欲しい。ここに貼れるリンクがないのが悲しい。

とか言ってたらダンプラアップされました

美 少年【ダンス動画】吉吉Bang!Bang!(Dance Practice) - YouTube


23.The Future(浮所)

引き算の演出と言った感じで、照明と歌だけで勝負していた。浮所くんのソロの選曲や演出は本当に多彩でやりたいことがたくさんあるんだなって感じがする。

(王道のカレカノ!、クールなI'm coming、T.A.B.O.O、バラードのENCOREなどなど)

大昇はバラード、金指くんがラップと個の方向性が固まってきたメンバーもいる中で浮所くんの存在は良いバランサーになっていくんじゃないかなと思います。

選曲の理由が一番気になるのこれかもしれない。

 

24.GET A CHANCE(金指)

来ました金指先生のオリジナルラップ。

金指くんのヒップホップなラップは前述の通り言葉がはっきり聞こえてくるので初見でも歌詞がストレートに届くところが魅力かなと思います。

金指先生、歌詞もストレートでいいですね。流石

''ストレートで向かう New Style''

金指くんの創る世界観が今後も楽しみです。


25.SIX SENSES

まさかのシクセン。ウチらの美 少年マジやばくない?強すぎっしょて言いたい。歌割りが

那須「ヤな事は忘れて」

龍我「止めれるか俺らを」

なの強すぎて泣いちゃった…。間奏のダンス以外は割とフリーで動いてたんだけど、那須くんがメンステの段差に座って腕掛けてたのがかっこよすぎて終わってしまった。


26.Boom SHAKALAKA

ありえんくらい良かった。特攻も炎もビシバシ出る中、それに負けない美 少年の気迫のパフォーマンス。

間奏は今までよりも尺が長くなってて、マイクに息遣いがのるくらいめちゃくちゃハード、なのに那須くんはメンバーとアイコンタクトをとりニヤりとニコっの間くらいの不敵な笑顔を浮かべてて凄かった。間奏開けすぐ那須くんのパート『嫌なことなんか全て忘れて』なのにちゃんとやり遂げてた。
ギラギラに輝いてて最高だった。

からの浮所くんの『燃え上がれBurn』はどっから声出てんだよてくらい気迫とパワーでアリーナをいっぱいに燃やしてて最高だった。

 金指くんのラップから新衣装(龍我デザイン介入)レースシャツにビジューとパールもりもりの美 少年らしさ全開のジャケット。あれでシクセンとブンシャカやるの美 少年の良さでまくってました。

美 少年【ダンス動画】Boom SHAKALAKA(Dance Practice) - YouTube


27.Cosmic Melody

からのCosmic Melody、最高です。

ブンシャカ終わって間髪入れずに浮所くんが煽りして凄かった、いつも底なしのエナジーを見せてくれありがとう。
みんなの名前を久しぶりにコールできたのも嬉しかったし、落ちサビのコズメロサークル(みんなが内向きで円になるやつ)アリーナのセンターステージでやってくれて、夢が叶った瞬間を目の当たりにできた。美 少年がスキちゃん

東京B少年「Cosmic Melody」(「夏祭り!裸の少年」in EX THEATER ROPPONGI) - YouTube


28.YOU&美 
29.おいで、Sunshine!
30.ザ・ハイスクールヒーローズ
31.Super Boys

外周ファンサ時間

YOU&美の最初をみんなで歌ったり、おいシャンで6人固まって外周まわったり、ハイヒロで自転車乗って、スパボで沢山煽っていて凄かった。

全部オリジナル曲で構成されてるのも凄い。いろんな曲歌ってきたんだな~てしみじみした。

ステージで自転車乗るアイドルが好きだ……。

美 少年「YOU & 美」Spring Paradise~YOU & 美~より - YouTube

美 少年【戦隊ヒーローで踊る】ザ・ハイスクール ヒーローズ(YouTube Ver.) - YouTube

美 少年【ダンス動画】Super Boys(dance ver.) - YouTube


32.Compass

これは初めて少年たちで見た時から「本編ラストに持ってくるタイプの曲じゃん!?」だったから最適解すぎた。
初期シンメ(なすりゅ/うきたい/ふじかな)パートでアイコンタクトしたり、最後ビジョンに6分割で映るとことか本当に夢見てるみたいだった。

Compassに出てくる''君''は「メンバーどうし」「美 少年とファン」「美 少年とジャニーさん」など色々考えられて美 少年の足跡と未来繋ぐ曲だな…と感じます

 

EC1.SHAKE
EC2.奇跡が起きるとき(大阪のみ)

ちょっとSHAKEのことあんま覚えてなくてごめんなさい…。

大阪公演で披露された「奇跡が起きるとき」大阪初日では那須くんが

「みんなにとっても僕たちにとっても大切になる曲です」

と話していて、胸がじんわり暖かくなりました。今回は全員の挨拶はなかったけど、那須くんのこの言葉が嬉しかった。

公開されたYouTubeにはあまり写ってないけど、メインモニターにはるだんの映像が流れていて、4人がムーンウォークで登校してる姿やグータッチしてる姿が流れるんだけど、藤井ちゃん主導でみんなでグータッチしてて感動した。美 少年て本当に暖かいグループなんだよ;;;;

那須くんがレコーディングを頑張ったフェイクも生で聴けて嬉しかったし、あんなに沢山歌って踊って走り回った後とは思えないくらい歌声が綺麗で美 少年の成長にはつくづく泣かされますね…

YouTubeはオーラスの公演なんだけど、みんなの達成感とか気持ちが表情にたくさんでてて、凄く素敵。

ドラマの曲を担当させてもらえる事だけでも凄いことなのに、素敵な曲を頂けてよかった;;;;

美 少年「奇跡が起きるとき」(美 少年 ARENA TOUR 2023 We are 美 少年~Let's sing it~) - YouTube

 

EC3.Beautiful Love

Beautiful Loveとの思い出がまた1つ増えた

ド定番の王道てこともあり、初めは印象が薄かったんだけどいろんな会場で聴いていくにつれてどんどん曲も成長している感じがする。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上セトリごとの感想でした!

ライブ後のインタビューを読むと、那須くんは「正統派のイメージを軸に、いろいろやりたい」と言っていたり『キラキラ王道だけじゃない部分をもっと見せていきたい』という未来を見ているんだということを強く感じます。

それに応えるように、オリジナル曲も幅広い曲が増えていて今後が楽しみでしかないです!

キラッキラに眩しく、美しく輝く6人が大好きです!

 

遅くなっちゃったけど3都市9公演無事に6人全員で駆け抜けられて本当によかった!!お疲れ様でした!!

全部がずっと楽しかった!ありがとう!!またライブで会おうね!!!!!!

 

 

 

愛しの君へ 無限のYell for you…❣️

 

祝・那須雄登くん21歳!!

 

那須くん、21歳のお誕生日おめでとう!!!!!!

 

那須くんにとって20歳の1年間はどんな1年だったんだろう…

年末年始のインタビューではアリーナのことと、『日曜劇場 マイファミリー』に出演したことをたくさん話してたね。またひとつ大きな舞台を経験できたね。

 

初めてアリーナに立つ那須くんを見て本当に感動した。

初めて那須くんを見たのはシアタークリエだったから、それよりも何倍の会場をファンでいっぱいにしてることにも感動したし、なにより那須くんが堂々とパフォーマンスしてるしとても幸せそうな顔してたのがすごく感動した。

 

私は那須くんのことを都会の夜空に輝く星だと思っていて、都会の街灯りに負けない強い光なんだけどなんかほっとして心が暖まる…そんな存在です。

(激重ですいません…)

 

那須くんは元々大人っぽい雰囲気を持ってたけど、年齢が大人になってシティーポップとか似合っちゃって、これからもっと大人の魅力がでてくると思うとそれも楽しみ。

 

とにかく21歳の那須雄登くんにありったけの幸せがおとずれることを願ってます…

 

LOVE&PEACE!!!

 

 

愛しの君へ 無限のYell for you…

 

 

2022年現場まとめ

 

あけましておめでとうございます。

2022年はしっかりハロプロの沼にどっぷりでたくさん現場行けました。密かに目標にしてた「月1現場」も様々な幸運のお陰様で達成できたので、非常に満足です。

 

いろんな縁があって初めてSexy Zoneのライブ行けたり、数年ぶりのグローブ座でフレジュ見ることになったり…ジャニオタ10年以上やってても新しいことや発見を感じた1年でした。

 

 

もちろん自分の中で1番大きかった現場は美 少年の初アリーナツアーの『Spring Paradise〜YOU&美〜』

いつかはアリーナで!と思っていたから念願叶ってのアリーナだし、先日DVDが届いて見返しても大きいアリーナをいっぱいのファンで埋めてる美 少年を見て本当に感動した。美 少年が思い描く未来が実現しますように願うばかり…

今年は美 少年の愛で溢れたパフォーマンスがもっとたくさんの人に届く1年になったらいいなと思うオタクです。

DVDを配る準備はできてるので布教はいつでもがんばります。今年の目標は相手のツボを突く布教ができるようになるです。

 

そんなスプパラと同時期に行ったBEYOOOOONDS初武道館『BEYOOOOONDS CONCERT TOUR どんと来い!BE HAPPY! at BUDOOOOOKAN!!!!!!!!!!!!』

BEYOOOOONDSて凄いんだぞ!!!て大声で叫びたいくらいよかった。私にとって初めての武道館がBEYOOOOONDSの初武道館で本当によかった。

BEYOOOOONDSのBEYOOOOONDSによるBEYOOOOONDSのためのショータイムだった。

BEYOOOOONDSが楽しそうにステージに立っていればなんでもあり!な多幸感がたまらなく大好きで、トンチキな曲多いし寸劇・講談なんでもござれのBEYOOOOONDSが益々楽しみです。

そろそろBEYOOOOONDSがゲシュタルト崩壊しそうです。

 

初夏、再び武道館にて『アンジュルム CONCERT TOUR The ANGERME-PERFECTION』

今の10人体制では最初の武道館。とは思えない程のパワー、団結力に圧倒されました。

アンジュルムは強くてカッコイイ。そんなアンジュルムの強さと優しさを感じたステージでした。

この10人体制も限りがあるけれど、だからこそ一層眩しく輝いてるように感じます。

個人的には生まれて初めてアリーナ最前列を引き、ソロコーナーで鈴ちゃんとけろんぬが私のいる花道に来るというミラクルが起きました。

この思い出一生大事にする。

 

 

夏、再び美 少年です。『サマステライブ未来少年』

春に大舞台を経験し美 少年らしさが実を結び始めていることをヒシヒシと感じます。

和の演出やノスタルジックメドレーのような演出は今後美 少年の強みになっていくはずです。

夏のライブは本当に楽しいですね…。KISS'N MY LIPPSをどうにかまた見たいし、布教用にしたいので映像ください…。

なにかと感傷的になった夏でした。今年の夏もどこかで夏祭りできたらいいな。

 

 

舞台の秋、今年は『少年たち あの空を見上げて』と『演劇女子部 ビヨサイユ宮殿』でした。

2年目の少年たち、これだけ言わせてください。

 

はしなすはいいぞ。

 

初めて見たBEYOOOOONDSの舞台。BEYOOOOONDSの核となる部分を見れた気がします。セリフだけじゃなく行間から読み取るところまで魅せてくるBEYOOOOONDSならではの舞台だと感じました。配信は忙しくて見れなかったのでDVD待ってます。

 

 

冬、まさかまさかカウントダウンに行ってきました。約3年振りの東京ドーム。私が行っていいのか?と思うくらい豪華で特別な舞台。

140人もいたら目足りないのよ。色々ありすぎて見逃したとこ普通にあるし出来事を記憶しきれません…。

でも初めて6人揃ってカウントダウンの舞台に立った美 少年を見ることができて本当によかった。

去年ジャニフェスを配信で見て「デビューしたらこんな凄い先輩達と肩並べて行かなきゃいけないんだ」と圧倒されたものでしたが、カウコンでWhite Loveを堂々と歌い上げた美 少年を見て

「今の美 少年ならいくらでも戦える!」と確信めいた物を感じました。

 

以上が2022年行った現場、全部じゃないけど感想でした。計28公演、どれも最高の思い出です。

心残りがあるとすれば自分がコロナになってしまいアンジュルムのクリスマスイベントと、推しの川名凜ちゃんのバースデーイベントに行けなかったことですね…。体調管理は大事です…。

 

そして2023年。中野通いから現場始めです。今月は『Johnny's World Next Stage』もあるし美 少年のアリーナツアーも決まってるので今年も楽しんで、いろいろなことを感じていきたいです。

 

今年も1年どうぞよろしくお願い致します。